#ファーストエイド

この記事をシェア

JTVC救急アドバイザー (@JRVC_EMT ) | Twitter

(一社)日本レスキューボランティアセンターの『救急アドバイザー』は救急隊長を経験後、現在は救急救命士の養成のための大学で教壇に立っています。
その救急アドバイザーのTwitterアカウントでは、書き下ろしイラストを付けた救急の情報をわかりやすく紹介しています。

 #ファーストエイド

厚生労働省が作成した 救急蘇生法の指針2015(市民用)の中に「ファーストエイド」のページがあります。
心肺蘇生法は、万が一心臓が止まってしまった場合、その動きを復活させるための救急法としてとても大切で、一人でも多くの方に覚えてもらいたい手法です。
しかし、普段の生活で起こる可能性の高いのはケガや病気、その対処方法もまた市民の皆さんに是非覚えてもらいたい手法でもあります。
JRVC救急アドバイザーがTwitterで「ファーストエエイド」を紹介をしていますのでこのページにでまとめました。(5/9のTweet分まで)
もしもの対処法としてブックマークをおススメします。

▼項目
1.傷病者の体位と移動

▲項目にもどる

2.気管支喘息発作

▲項目にもどる

3.アナフィラキシー

▲項目にもどる

4.低血糖

▲項目にもどる

5.けいれん

▲項目にもどる

6.熱中症

▲項目にもどる

7.低体温症

▲項目にもどる

8.凍 傷

▲項目にもどる

9.すり傷、切り傷

▲項目にもどる

10.出 血

▲項目にもどる

11.捻挫、打ち身(打撲)、骨折

▲項目にもどる

12.首の安静

▲項目にもどる

13.やけど

▲項目にもどる

14.歯の損傷

▲項目にもどる

15.毒 物

▲項目にもどる

1)毒物を飲んだとき

▲項目にもどる

2)毒物の付着

▲項目にもどる

16.溺 水

▲項目にもどる

消防/防災アドバイザーをフォロー

消防防災アドバイザーをフォロー

スポンサーリンク
google AMP
google AMP

この記事をシェア

スポンサーリンク
google AMP