非常ベルと消防活動

この記事をシェア

ビルやマンションなどで非常ベルが鳴っているのを聞いたことはありませんか?

消防のための設備として設置されている非常装置のことを自動火災報知設備(以下、「自火報」)といい、マンションや商業ビルなどの複数の人の出入りがある建物に設置されています。

自動火災報知設備とは

自火報は火災の発生を見つける「感知器」や見つけた時に押す「発信機」、それらの機器から伝わった信号を受け火災の発生場所を表示する「受信機」、そして受信した信号の情報から非常ベルを鳴らす「地区音響装置」で構成されています。

自火報の役割は「火災の発生を建物内に居る人に知らせる」ことです。

一部の建物を除いては火災警報が鳴っても消防署には通報されません、もし自動火災警報設備が鳴って火災が発生しているのを確認したら迷わず119番通報をしてください。

119番通報を受けた消防署はすぐに消防車を向かわせ、現場に到着した消防隊は、自火報の受信機を確認し、火災表示がされた区画に向かい消火活動を行います。

自火報が鳴動したら?

警報が鳴っているけど火災かどうかがわからない、消防車も来ないときはどうすればいいのでしょうか?
(あなたが、建物の関係者でない場合には確認より避難を優先させてください)

1.自火報の受信機で点灯区画を確認する。

受信機の場所には必ず各階ごとに警戒区画や感知器の設置場所などが記載された「警戒区域一覧図」がありますので、その図面で発報区画を確認してください。

2.消火器を持って表示された区画へ確認に行く。

受信機の警報音は停止させず、臭気や温度の変化に注意しながら表示された区画に向かってください。

3-1.火災が発生していたら初期消火通報を行う。

周りにに火災を知らせると同時に、119番通報も行ってください。
(手分けして火災に対処するため、複数で確認に向かうとよい)

⇒ 初期消火が出来なければすぐに避難して消防隊の到着を待ちましょう!

3-2.火災では無かったらベルを停止する。

受信機を「復旧」させるのはまだです!

受信機の音響停止ボタンを押しても止まらない場合には、発信器が推されている場合がありますので、受信機が点灯している区画の発信器ボタンが押下されていないか確認してください。

発信器が推されていた場合には、ボタンを引き戻すか内部のリセットボタンを押して押下されていない状態に戻します。

発報した区画で、どの感知器が反応したかを確認する。(感知器の赤いマーカーランプの点灯を探す。)

感知器は3種類

煙感知器
⇒感知器内を煙が通ることで光学的に反応して発報する
(湯気などが継続的に入ることで誤作動する場合がある)
熱感知器(差動式)
⇒短時間での温度変化を感知して発報する。
(エアコンの熱によって誤作動する場合がある)
熱感知器(定温式)
 ⇒内部の端子が熱せられて設定温度に達すると発報する。
 (温度が戻るとマーカーランプが消えるので発報痕が確認できない)

消防隊が到着したら

あなたが建物の関係者であれば、受信機の位置、表示された区画の状況などを消防隊に伝えてください。
到着した時に煙や炎が出ていれば迷うことはありません、すぐに消火活動を実施します。

厄介なのはベルは鳴っているが、煙も炎もない場合です。
また、通報によっては、「火災」ではなく「ベルが鳴っている」という内容の場合もあります。
このような場合でも、消防隊は「火災」の可能性を否定せずに消火栓に部署し、ホースの準備をして火災が発生していた場合に備えます。
受信機の表示場所で火災が発生していなければ、確認を行った後に「復旧」をかけ、数分間待機します。

「ベルの鳴動」は誤作動の原因が判明するか、再発報しない場合がほとんどですが、稀に「復旧」をかけると再び感知してしまう場合があります。
その場合には配線又は感知器本体に異常があることが考えられますので、消防設備業者さんに点検とその結果に基づく改修を依頼します。

最近は警備会社さんと契約されている建物が多く、受信機のある管理人室のカギも開けてもらえたりするので消防隊としてはとても助かっています。
現場で警備員さんに聞いたことがあるのですが、消防隊が呼ばれないベルの鳴動は結構あり、到着時には臭気や熱を調べ、異常がなければ自火報を復旧させて引き揚げているそうです。

ちなみに警備業法というでは警備会社は非常時には25分以内に現場に到着しないといけない決まりになっています。

余談ですが・・・


経験上、「ベルの鳴動」での出動は火災でないことのほうが多いのですが、一度だけ到着したら燃えていたという事案に出動したことがあります。
その時は別の隊が確認に向かい火災を確認したのですが、火災の場合には6隊以上のポンプ車が出動するところ「ベルの鳴動」は基本1台、恐らくその隊は相当に慌てたことだと思います

どんな時も何回続いても「ベルが鳴っているだけ」とは思わずに、安全を確認するまではしっかりと避難を行うことが大切です。
誤報であってもその時に行動することで、本当の火災のときには適切な行動がとれるはずです。
また、火災が発生していればしばらく家には戻れません、避難の際には財布と電話くらいは持って出ることをオススメします。

消防/防災アドバイザーをフォロー

消防防災アドバイザーをフォロー

スポンサーリンク
google AMP
google AMP

この記事をシェア

スポンサーリンク
google AMP